博文

デミ・ムーアが前歯2本を失った理由とは?

女優のデミ・ムーアがストレスで前歯を2本失ってしまった。6月12日に「ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファーロン」に出演したデミは、歯を失った理由がストレスであったことを明かしている。 ホワイトニング機器

 同番組出演前にデミは制作チームに前歯がない自身の写真を送っており、そのことについて司会のジミーから「君が送ってくれた写真はこれまで見た中でも一番奇妙なものだったよ。なんでそんなことになってしまったんだい?」と尋ねられると、デミは「前歯をそぎ取ってしまったのよ。スケートボートをやっていてとかそういったかっこいい理由じゃないの。でもこのことをみなさんと共有するのは大切かなと思って。

 アメリカで恐らく心臓病の次に最も多い死因の1つはストレスよ。ストレスでこうなってしまったのよね。ストレスが私の前歯をそぎ取ったの。でも今日はあなたに会うために準備をしたわ。出演前には前歯がちゃんと戻っているようにしたかったの」と答えた。そして、歯科医による治療のお陰で再び笑顔を見せることができるようになったことをとてもうれしく思っていると続けた。 歯科根管治療用

 デミのストレスは2015年7月に自宅プールで起きた死亡事故に関する裁判によるものかも知れない。ビバリーヒルズにある自宅で開かれたデミの使用人が主催するパーティーで、泳ぎが苦手だったエデンニルソン・スティーヴン・ヴァレさん(当時21歳)がプールの底で遺体となって発見。事件当初、遺族側はパーティー主催者のみに対して訴えを起こしていたが、最近になって、プールに対する安全管理が行き届いていなかったとしてデミを被告に追加している。ちなみに事件当日、デミは現場にいなかった。

ARで歯科医教育、血管や神経の位置が「丸見え」

睡眠時無呼吸のセルフケア

睡眠時無呼吸は、睡眠中に呼吸が短時間止まってしまう疾患です。この疾患があると、起きているときに疲労や体力の消耗がみられることがあります。以下のポイントを踏まえてしっかりケアしましょう。 エアーコンプレッサー

・定期的に医師の診察を受け、治療が効いているか確認しましょう。
・体重増加を避けましょう。健康的な体重を維持すれば、睡眠時無呼吸による合併症のリスクを低減することができます。 歯科用オイルレス エアーコンプレッサー
・睡眠時無呼吸による疲労があるときに、車や重機を運転すると危険な場合があることを理解しておきましょう。
・治療用のマウスピースを使用している場合、定期的に歯科医の検診を受けましょう。

理想の形状をARで見せるといった活用法が考えられる

現職・大谷氏、不出馬へ 那須烏山市長選

那須烏山市の大谷範雄(おおやのりお)市長(69)は29日、下野新聞社の取材に対し、任期満了に伴い10月22日告示、同29日投開票で行われる市長選に立候補しない意向を明らかにした。30日に市役所で記者会見を開き、正式に不出馬を表明する見込み。口腔内カメラ
 大谷氏は旧南那須町長を含めた首長歴が4期16年に及ぶとし、「後進に委ねる時期にある」と説明。第1次市総合計画が2017年度で終了することや加齢に伴う健康問題なども理由に挙げ、「今期限りで引退する決断をした」と述べた。根管長測定器

 次期市長選には、市議で歯科医の川俣純子(かわまたじゅんこ)氏(56)、元学習塾講師で無職塚原雅志(つかはらまさし)氏(67)が既に立候補の意向を表明。大谷氏の不出馬で、ほかの候補者擁立に向けた動きが活発化する可能性もある。
寝たきりになっても、食べる姿に生命力

1歯20秒程度で歯科技工物をデザイン

1歯20秒程度で欠損部分に適合する歯のデザインが完成
歯の欠損部分を補うための歯科技工物(補綴物)の製作手段の一つとして、患者の口腔内から採得した型をデジタルデータに置き換えて、歯科技工士がパソコンの画面上でデザインをし(CAD)、工作機械で歯の形状を自動で削り出す(CAM)というデジタル化が急速に浸透しつつあります。しかしながら1歯あたりデザインに15分程度時間がかかる事が課題となっています。

歯の形状及び大きさは、患者固有のものであり、単一のパターンを当てはめることはできません。そこで、AIに1万パターンの症例を学習させ、自動出力プログラムを開発することにより、大幅な作業時間の短縮が可能となりました。歯科技工用技工機器
プロトタイプの開発が終了し、現在実用システムの本開発を行っており、2017年の秋に完成予定です。

日本の歯科技工物のグローバル展開を視野に
DSヘルスケアグループは医療の産業化を提唱し、そのための第一歩として歯科技工のグローバル展開を進めています。従来「模型」という現物をやり取りしていましたが、ダイレクトに口腔内をスキャニングする「口腔内スキャナー」がこれからは主流になってくる見込みです。歯科技工物の製作過程がデジタルデータに置き換わることにより、世界の流れが変わります。
歯科技工のデジタル化に対応し、先駆けてシステムを構築していくことが、日本の歯科技工物がグローバル展開し、世界のシェアを獲得するために欠かせないファクターだと考えています。

デンタルサポート株式会社
訪問歯科診療サポート、歯科技工、医科の訪問診療(在宅医療)サポート、介護事業等を運営。訪問歯科診療サポートにおいては、北海道から九州まで全国に展開。ひと月に6万回以上の診療をサポートしている実績を存分に活かした、啓発活動、情報発信を行っています。 歯科技工用

DSヘルスケアグループの海外展開としては、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイにて、医科・歯科併設のクリニック「SAKURA Medical and Dental Clinic」を開設。2015年12月にはミャンマーに歯科技工サービスを提供する子会社「DS SAKURA Dental Services」を設立いたしました。アジア、中東を中心に活動をしています。


寝たきりになっても、食べる姿に生命力

無駄な医療費を削減するために歯科医ができること

松尾会長によると、これまで国が目指してきた健康長寿における歯科の目標は「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という「8020(ハチマルニイマル)運動」だったが、このメッセージはすでに行き渡っているので、これからは機能面に目を向けた新しい活動方針をスタートさせなければならないという。

 それが口腔機能に栄養や運動などの「生活管理を加味した疾病予防の複合メニューの開発」である。 ホワイトニング機器

 「歯科には他の診療科にはないいくつかのメリットがあります。一つは、クリーニングや矯正などの病気でない方も来院するということ、二つ目は、通院頻度が高く対面時間も長いので、生活習慣病の予兆を発見できるチャンスや予防のためのアドバイスをする機会があるということ、また食事や栄養についての指導を行いやすいということです」

 健康な歯を維持し、口腔機能を低下させないことが、食べることの機能を維持するだけでなく、さまざまな病気の予防とも関わり健康長寿をかなえる――。それを理解すれば、私たち患者も、もう少し積極的に歯科検診を受けるべきだと思うだろう。 歯科根管治療用

 政府は今年の6月9日の臨時閣議で、国家経営の基本方針となる「骨太の方針」の「健康増進・予防の推進」において、「口腔の健康は全身の健康にもつながることから、生涯を通じた歯科健診の充実、入院患者や要介護者に対する口腔機能管理の推進など歯科保健医療の充実に取り組む」という文言を明記した。

 この方針に則って、今後、無駄な医療費を削減するために歯科医が力量を発揮してくれることを期待したい。


がん転移のステップとして知られる上皮間葉転換

歯科医と内科医の連携を模索

このことを歯科医師の共通の認識とすべく、セミナーやイベント、執筆などを通じて問いかけている歯科医の一人が、日本アンチエイジング歯科学会の松尾通(まつお・とおる)会長だ。歯科医と内科医の連携を模索している。 エアーコンプレッサー

 特に糖尿病専門医である西田亙(にしだ・わたる)先生を招いた講演会を歯科界で積極的に開催し、「口腔ケアから、糖尿病の予防と治療」を推進している。西田先生は糖尿病専門医でありながら、自身の医院で患者に歯ブラシを勧めている。 歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 加えて推奨しているのが「ラクトバチルス・ロイテリ菌」という乳酸菌だ。一般的に乳酸菌といえば、腸内フローラを改善する目的で取るものだと考えるが、そればかりではなく、口内の環境改善にも働き、その殺菌作用で炎症を抑制してむし歯や歯周病、口臭などの予防と改善に一役買うというのである。


がん転移のステップとして知られる上皮間葉転換

クリニックに併設の歯科グッズ店ではフロスの使い方を指導

前作の「歯はみがいてはいけない」(森昭著)を読んだ読者からは、「どんなフロスや歯間ブラシを、どういうふうに使えばいいのか」といった問い合わせがたくさん届いた。そこで今年6月に出版したのが、「やっぱり歯はみがいてはいけない 実践編」だ。こちらは、クリニックに併設する歯科グッズの店を運営する歯科衛生士で妻の光恵さんとの共著になる。フロスや歯間ブラシ、歯ブラシの種類、使い方、歯茎からの出血など症状別のケアを具体的に紹介している。クリニックに歯ブラシや洗口液などの歯科グッズを置いているところはあるが、店舗まで併設して品数をそろえているのは珍しい。光恵さんは「歯ブラシは30種類以上、フロスも8種類置いていますが、患者さんごとに適したものがあります。診療中だと、患者さんにフロスの使い方や選び方などをゆっくりと指導している時間がないので、店に歯科衛生士を常駐させて、その人に合った歯ブラシなどを紹介して、フロスは体験してもらっています」と言う。歯科用ルートエレベーター

 本を出版した後で読者からは、「本の中では、歯を磨くなとは書いていないじゃないか」という声も寄せられた。その通り。わざわざ歯磨きやフロスの指導ができるように店を開いているくらい、歯磨きも含めて適切なお口のケアには力を入れている。歯磨きに偏ったケアに注意を喚起したかったということだ。本が反響を呼んだことから、遠方から4時間もかけて受診に来る患者まで出てきた。「遠くから来ていただいても、私は名医でも何でもない普通の歯科医。できるのは歯磨きやフロスの指導ですから、なんだか申しわけなくて」と森さんは戸惑っていた。アマルガムミキサー


 フロスや歯間ブラシでのケアの重要性や唾液の機能については議論の余地はなさそうだが、歯磨きのタイミングなどについては異論を持つ歯科医もいるだろう。“森流”をひとつの提案と受け止めて、専門家の間で議論を深めて情報発信をしていただきたい。


歯科医療分野にAIを活用 歯科用CADのプログラムを開発、特許出願