世界初、iPS創薬治験7日開始

  京大が骨の難病で
  患  者の人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使って京都大の研究チームが見つけた、骨の難病の治療薬候補につ いて、京大病院が7日から臨床試験(治験)を始めることが6日、分かった。京大によると、iPS細胞を使って発 見した薬の治験は世界初。 歯科レントゲン

 京大病院は現場の医師が主体となって進める「医師主導治験」で取り組み、7日から患者登録が可能になる。 「再生医療」と並ぶiPS活用のもう一つの柱「創薬」が本格的に動きだした。 家庭用・歯科用超音波スケーラー

 この難病は「進行性骨化性線維異形成症(FOP)」で、チームによると、国内の推定患者数は約80人という。

评论

此博客中的热门博文

無駄な医療費を削減するために歯科医ができること

急性リンパ性白血病に新治療法(I)

保険入れ歯と自費対応の違い/照山裕子お口の悩み