1歯20秒程度で歯科技工物をデザイン

1歯20秒程度で欠損部分に適合する歯のデザインが完成
歯の欠損部分を補うための歯科技工物(補綴物)の製作手段の一つとして、患者の口腔内から採得した型をデジタルデータに置き換えて、歯科技工士がパソコンの画面上でデザインをし(CAD)、工作機械で歯の形状を自動で削り出す(CAM)というデジタル化が急速に浸透しつつあります。しかしながら1歯あたりデザインに15分程度時間がかかる事が課題となっています。

歯の形状及び大きさは、患者固有のものであり、単一のパターンを当てはめることはできません。そこで、AIに1万パターンの症例を学習させ、自動出力プログラムを開発することにより、大幅な作業時間の短縮が可能となりました。歯科技工用技工機器
プロトタイプの開発が終了し、現在実用システムの本開発を行っており、2017年の秋に完成予定です。

日本の歯科技工物のグローバル展開を視野に
DSヘルスケアグループは医療の産業化を提唱し、そのための第一歩として歯科技工のグローバル展開を進めています。従来「模型」という現物をやり取りしていましたが、ダイレクトに口腔内をスキャニングする「口腔内スキャナー」がこれからは主流になってくる見込みです。歯科技工物の製作過程がデジタルデータに置き換わることにより、世界の流れが変わります。
歯科技工のデジタル化に対応し、先駆けてシステムを構築していくことが、日本の歯科技工物がグローバル展開し、世界のシェアを獲得するために欠かせないファクターだと考えています。

デンタルサポート株式会社
訪問歯科診療サポート、歯科技工、医科の訪問診療(在宅医療)サポート、介護事業等を運営。訪問歯科診療サポートにおいては、北海道から九州まで全国に展開。ひと月に6万回以上の診療をサポートしている実績を存分に活かした、啓発活動、情報発信を行っています。 歯科技工用

DSヘルスケアグループの海外展開としては、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイにて、医科・歯科併設のクリニック「SAKURA Medical and Dental Clinic」を開設。2015年12月にはミャンマーに歯科技工サービスを提供する子会社「DS SAKURA Dental Services」を設立いたしました。アジア、中東を中心に活動をしています。


评论

此博客中的热门博文

無駄な医療費を削減するために歯科医ができること

保険入れ歯と自費対応の違い

女性歯科医師がより輝く未来へ